« April 2015 | Main | July 2015 »

June 2015

June 26, 2015

中華こばやし

● 不動前駅から少し歩いた、攻玉社の横にある中華「こばやし」に行く。昭和の中華屋である。ラーメンはいかにも、そしてまさしく、ラーメンであった。主人に奥さんに、娘さん?の3人で店をやっていた。テレビがついていたが、減塩番組をやっていて、「減塩ラーメン」を推奨していた。皮肉のような取り合わせで、出てきたラーメンは醤油辛いものであった。新聞を見に来た主人は一顧だにしなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2015

ごっこ

● 子供の頃、デモ行進ごっこが流行った。「アンポはんたい」を連呼してみんなで校庭をうねるのである。アンポをアンコと言い換えて大笑いをしたりして。当時の大人のまねをして喜んでいたのである。50年以上も前のことだが、その当時を反映していたのだろう。さて今の小学生はどんな遊びをしているのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 24, 2015

捨てられない

● 何かと捨てられない。使わなくなっても捨てられない。捨てろ捨てろと配偶者が言う。そうなんだ、そうなんだと心で思うが、結局捨てられない。ベランダには、キャンプ用品、家には本や雑誌、そしておびただしいがらくた。どうしたもんだろう、この執着心は。渡り鳥は何も持たずに旅立つと何かの本に書いてあった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 23, 2015

登山

● 奥多摩の鷹ノ巣山に出かけた。東日原から約1000メーターを急登する。途中のブナ林は、ずいぶんと荒廃していた。1年半ぶりの登山である。慎重に歩いた。山頂は全くのガスの中であった。雨が降り出した。倉戸山に下りる予定を変更し、奥多摩駅まで石尾根を下ることにした。長いくだりである。山法師の花が静かに咲いていた。途中の三ノ木戸山の植林地帯は、4年前の山行で、転倒し骨折した苦い思い出の場所である。早く下山しようとして、転んだのである。奥多摩におりると雨は本降りであった。旅館玉翆荘で入浴し、缶ビールを飲み、奥多摩ホリデー号に乗り家路に着いた。ホトトギスの鳴き声がいつまでも耳に残った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2015 | Main | July 2015 »